吹き抜けリビング

我が家も近々新築住宅を建てようと住宅のデザインや間取りを考える日々が続いています。人生で一番高い買い物になるだけにたくさん悩み、色々なアドバイスを聞き後悔しない家造りをしたいと思っています。住宅への憧れの一つがリビングを吹き抜けデザインにすることです。理由は言うまでもありませんが、広々とした空間となりリビングをより開放的に明るい空間にできるからです。

数社の住宅展示場を見にも行きました。リビングを吹き抜けデザインにしている住宅があり、その住宅を目にした時やっぱりリビングが吹き抜けだと素敵だなと思いました。吹き抜けにすることでメリット・デメリットがあることも聞きました。開放感・明るさ・オシャレさは一目瞭然です。しかしデメリットにも目を向けそれを理解した上で行わなければ後々後悔してしまいます。

まず冷暖房の効率はやはり落ちるということです。冷暖房の効率が落ちるということは光熱費が余計にかかるということです。特に冬場はしっかり対策を行っていなければ寒さを感じやすいのです。天井にファンを設置し空気の流れをつけることや、足元から暖めてくれる床暖房を設置するなどして温かさを確保できる体制が必要です。私の現在住んでいるところは盆地で夏は非常に暑く冬の寒さも厳しい場所なだけにそれを聞いた時がガッカリしました。

また掃除のしにくさもデメリットの一つです。高い位置に設けられた窓は明るさを取り入れることができますがお手入れができません。専門業者に依頼しお掃除をしてもらわなければならないと聞きました。他には空間を無駄にしていると感じる人もいるようです。メリット・デメリットを再認識して住宅のデザインを考えたいと思います。

This entry was posted on 月曜日, 11月 21st, 2016 at 9:34 AM and is filed under 住宅・家. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.